チームAIBODの沿革

Every Journey Starts with a Story

株式会社チームAIBODは、福岡の三つのアカデミアから2016年2月に設立されました。
国立大学法人九州大学
公益財団法人九州先端科学技術研究所(ISIT)
国立大学法人九州工業大学

沿革::

2016年02月 ISITの研究開発案件をシード案件としてチームAIBOD設立
2016年03月 軌跡データから深層学習を用いて人流を予測する案件を研究受託
2016年05月 組込システムの性能予測のための機械学習モデル開発受託
2016年06月 企業社内におけるAI・機械学習ハンズオン講座実施受託
2016年07月 ワークログ解析アプリケーション開発受託
2016年12月 IoTデータのシェアリングプラットフォーム開発受託
2017年01月 AIプラットフォーム「AIBOD Mill」及びそのデジタルツール「AIBOD QuickMill」開発
2017年05月 AI・機械学習ハンズオン講座事業年度に6件受託
2017年06月 メタデータ自動生成技術開発
2017年07月 AIBOD Share & Mill へのメタデータ自動生成技術実装

Road Map:

チームAIBODはデータの利活用を推進します。
データ利活用には使い易いユーザインターフェース(UI)及びユーザ体験(UX)が重要です。このUI/UXを最先端の技術を活用して柔軟かつ迅速にシステム開発を行います。
創業以来データ利活用・共有のデジタルコラボレーションプラットフォーム「AIBOD Share & Mill」(ASM)を開発してきました。業界に特化しないこのASMを「コアプラットフォーム」として、業界別、会社別、個人別に展開する「カラードプラットフォーム」に力を入れていきます。
その先はコンシューマーや自治体などが活用できる「パブリックプラットフォーム」を目指します。