You are here:Home»Team AIBOD News

産業界におけるAIとブロックチェーンの応用は、電力・エネルギー業界全体が取り組んでいる課題でもあります。ブロックチェーンの利用でAIの元となるデータの信頼性向上と情報セキュリティーを保ちつつ相互連携を可能にすることで、電力を中心とした様々な価値交換を予測と推薦・マッチングにより効率化・最適化で経済的価値交換を実現します。再生可能エネルギーの価値を引き出し、持続可能な価値に変換し、電力をCO2削減や他のエネルギーと経済的価値として交換するプラットフォームを提供します。
カウラ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO岡本 克司、以下、カウラ)と株式会社チームAIBOD(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:松尾久人、以下、AIBOD)は、本日7月2日にAIとブロックチェーン分野での協業を開始します。

・協業の目的
IoTやAI、ブロックチェーンの技術革新によってデータが爆発的に増加するに伴い、事業者間の垣根を超えたデータ連携により、新たな付加価値の創出や社会課題の解決が期待されています。産業界におけるAIとブロックチェーンの応用は、電力・エネルギー業界全体が取り組んでいる課題でもあります。ブロックチェーンの利用でAIの元となるデータの信頼性向上と情報セキュリティーを保ちつつ相互連携を可能にすることで、経済的価値交換を実現します。また、デジタル知財戦略も考慮し課題解決に取り組んで参ります。

tanews July20190702 1

・協業の内容
1. AIとブロックチェーン技術に関するノウハウ共有、コンサルティングの提供

AIとブロックチェーン関連の実務に関する知見、ノウハウを共有し、特定市場向け共同コンサルティングサービスを提供します。

tanews July20190702 2

2. 予測技術を搭載した経済的価値交換プラットフォーム共同開発

カウラが開発したブロックチェーンプラットフォームである「FUSION」を基盤に利用し、電力カラーリングや電力を中心とした様々な価値交換機能とAIBODの様々な予測と相対取引レコメンデーション&マッチング、最適エネルギーミックス等のサービスを融合したプラットフォームを開発し、電力を中心とした様々な価値交換を予測と推薦・マッチングにより効率化・最適化によりニーズ等に応える適用例を提供します。
(予測例)電力需要予測、発電予測、電力価格予測、蓄電池制御予測、蓄電池寿命予測、ガス需要予測、ガス価格予測など

tanews July20190702 3

3.デジタル知財戦略

「予測技術を搭載した経済的価値交換プラットフォーム」提供は、従来のソフトウェアライセンス契約やサービス契約では解決できない課題(AI,データ流通)を含んでいます。両社は、システムデザインの初期段階から顧客の利用形態に最適化をした知財戦略も提供します。

・今後の展開
AIを使った予測分野の拡大とブロックチェーンプラットフォーム間連携を実現し、電力・エネルギー分野へのサービス提供とデータ契約に関するデジタル知財戦略も提供してゆきます。

 

会社概要
商 号 : カウラ株式会社
代表者 : 共同創業者、代表取締役 兼 CEO 岡本 克司
所在地 : 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-9
設 立 : 2017年1月
事業内容: 世界(英国、米国など)のブロックチェーンの先進企業や団体と連携し、ブロックチェーンプラットフォーム“FUSION”を開発。IoT分野(EV蓄電池残存価値予測システム)や医療健康分野(Medical Passport)での各サービス開発、電力・エネルギー、自動車、半導体、ITの各分野における経験豊富なアドバイザーを擁しトークンエコノミーの実現を目指して事業展開をしています。
・Enterprise Ethereum Alliance(EEA)メンバー
・エッジプラットフォームコンソーシアム 会員
・一般社団法人ブロックチェーン推進協会 スマートシティー部会長
URL:https://kaula.jp/ja/

tanews July20190702 4

チームAIBODは、デスクトップアプリケーション「StrataLink」をリリースしました。毎日、様々な人と何通ものメールをやりとりしている私たちですが、それが目に見えたら面白いと思いませんか?「StrataLink」は、メールの送受信履歴から、あなたを中心とした相関図を創り出します。コネクションをすばやく見つけ出すだけでなく、頻繁に連絡を取っている人物、最近あまり連絡を取っていなかった人物、あなたのメールパターンを気づかせてくれます。StrataLink Open Beta 0.0.3をダウンロードして、デジタル世界のあなたのネットワークを見てみましょう。

「ダウンロードはこちらから」

チームAIBODとフランス・ボルドーにあるENSEIRB-MATMECA(CTOトルヴェの母校)はインターンシップで提携しています。今月から8月末まで、2名の学生(左:Arthur Jolivet 右:Alice Maranne)が夏休みを利用してインターンとして勤務することとなりました。2人とも大変優秀な学生で、それぞれwebアプリケーションエンジニア、AIバックエンドエンジニアとして3ヶ月間活躍してくれることと思います。

 

2019年5月16日(木)リーガロイヤルホテル小倉にて開催された「北部九州自動車産業アジア先進拠点推進フォーラム」にて、社長の松尾が講演させて頂きました。

このフォーラムには自動車産業の関係者はもちろんですが、小川福岡県知事をはじめ、県庁や各自治体の方々も多数出席されており、自動車メーカーの工場が所在する福岡県としては注目度の高いイベントだったようです。

 

 

弊社に定期的に短期インターンをご紹介くださっている朝日日本語学校より、先週からドイツ人のホーンスビーン、今週から同じくドイツ人のゼイベクがインターンとして勤務しています。大学生の2人は、学校でコンピューターサイエンスを専攻していることもあり、スキルレベルが大変高く、早速プロジェクトの一員に加わっています。私たちも彼らから学ぶことも大いにあると思いますので、これからが更に楽しみです。

インターンとして勤務していたメンドンサ ドス サントス、モレノ キロガ、長友の3名が4月1日付けで弊社の社員となりました。今までも社員と同様に様々なプロジェクトに携わってきた3名ですが、社員となったことで、より責任を持って積極的に仕事に取り組むことを宣言してくれました。そして何より、学生だった3名が晴れて新社会人となったことに、他のメンバーも我が子の成長を見守るような気持ちになったようです。

インターンとして勤務している九州大学大学院 システム情報科学府 情報知能工学専攻のメンドンサ ドス サントスと、九州大学 芸術工学府 芸術工学専攻のモレノ キロガが、今月Ph.D.(博士号)を取得することが出来ました。メンドンサ ドス サントスは2017年4月から、モレノ キロガは2018年6月から、それぞれ学業と両立しながら弊社の一員としてプロジェクトに携わって参りました。社長の松尾、副社長の村上をはじめとした弊社メンバー皆、2人の学位取得を心から喜んでおります。4月からは2人とも社員として引き続き勤務致しますので、大学院で学んできたことを大いに活かし、お客様からご依頼頂いたシステムをAgileに開発して参ります。

 

 

2019年3月19日(火)18:30~We work大名にて開催された「北欧ミッション福岡市代表スタートアップ選考会」にCTOのトルヴェが出場しました。選考会では6社がピッチを行った結果、弊社が「最優秀スタートアップ賞」を頂き、5月14日~17日にロシアのサンクトペテルブルグとエストニアを福岡市の方々と訪問し、現地のビジネスイベントに参加させて頂く「北欧ミッション」の渡航費をはじめ色々な副賞を頂くことが出来ました。ありがとうございました。

news march202019 1

両地域は弊社が現在進めている事業に欠かせない場所であり、5月のイベントでは更にその事業を加速させたいと思っております。イベントに参加した際は、またニュースにて皆様にお知らせさせて頂きますので、ご期待ください!

news march202019 2